小さな男の子は電車おもちゃが大好き

自分や友人に小さな男の子の子どもがいたら、おもちゃを買ってあげたいと思ったときに電車のおもちゃを思い浮かべる人も少なくないと思います。

男の子は自分でレールや車両を繋げたり、車両をレールの上で走らせたり、時には運転手さんや車掌さんになりきって真似をしたり、様々な楽しみ方ができる電車遊びが大好きです。

それに電車で遊ぶことはただ楽しいだけでなく、電車の形や色を認識したり、車両の数や言葉を覚えたり、学習能力の基礎力向上にもなっています。

しかし一言で電車のおもちゃと言っても木製のものやメジャーなプラレールなど、様々な種類がありますので、ここでは電車のおもちゃの選び方についてご紹介したいと思います。

安全性の高いものを基本に年齢や好みで選びましょう

電車おもちゃ選びの基本は、安全性の高いものであることを第一に、年齢や好みに合わせて選ぶのがいいでしょう。

特に気をつけておきたいポイントはサイズ、電池がいるのかいらないのか、素材は何なのかの3点です。

1.サイズ

特に子どもの年齢が低いうちは、手にしたもの口に運んだり舐めたりしますので、誤飲の恐れのある小さなパーツがついているようなものは避けた方がいいでしょう。

サイズが小さめで作りが細かい車両のおもちゃは、細かい部品やパーツがついていることがありますので、子どもが小さいうちは安全性や持ちやすさを考慮した大きめのサイズがおすすめです。

子ども向けのおもちゃは対象年齢が記載されている商品がほとんどですので、記載された対象年齢を確認して、実際に遊ぶ姿を想像してみて安全かどうかチェックすることが大切です。

2.電池

電池がいらないタイプの電車のおもちゃは、子どもが自分の手を使って速さや動かしたい方向を変えられるので、想像力をつかって遊ぶことができます。

電池を使って走らせるタイプ、つまり自動で走るタイプの電車のおもちゃは、レールの上を走り続ける電車を見ながら、実際に外で走行しているリアルな電車を見ているかのような臨場感を楽しむことができます。

3.素材

電車のおもちゃは基本的に木製かプラスチック製で作られています。

木製の電車のおもちゃは、シンプルで丈夫な作りなので小さい子でも自分の手を使って自由に動かす遊び方をすることができます。

また、木のあたたかみのある飽きの来ないデザインなので、お部屋のインテリアとしてもかわいいですね。

プラスチック製の電車のおもちゃは、色や形、細かい部分まで本物のようにリアルに作られているものが多く、同じシリーズでいろいろな種類を集めたりして楽しむことができます。

口に入れたりせず、自分で組み立てられるような年齢になったら楽しみ方の幅も広がります。

電車のおもちゃは長く愛され続けている

電車のおもちゃはきっと、特に男の子ならだれもが遊んだ記憶のある、今までもそしてこれからも定番のおもちゃです。

自由にレイアウトを組んで楽しめるようなレールと電車のセットなら、小さい時から想像力を使いながら遊べるので、知育玩具としてもおすすめです。

プレゼントしてあげたい子どもの年齢や成長度合い、お部屋の広さ、そしてその子自身が気に入るようなものを選んであげましょう。